--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-06-21

HR 24

うちの病院は外来の心電図は採血室でとっています。
そして生理検査の人間は採血室に行くのがお昼の間だけという体制をとっています。
理由は午前中が健診で忙しく外来の相手をしていられないからです。
だから検体検査の人が食事に休憩をとる間に交代するというわけです。

そして今日は私がその担当でした。
採血はまぁ無難にこなしました(苦笑
今のところ検査技師になってから採血した人数は
全部で20人くらいしかいませんが、うち失敗は3人ほど。
毎回緊張するし、10分の1以上の確率で失敗するって・・・
危険ですよね;
これこそ私自身のためじゃなく、患者さんのために頑張らなくては><

はて、本題に入りまして。
採血室でとる心電図は外来の患者さんののみです。
普段健診の心電図をとっている私は
正常かちょい所見ありくらいの波形ばかりを目にしています。
外来の患者さんというと、既に何らかの疾患を患っている人。

でましたHR 24
P波もなく、SSSと最終的には診断されました。
波形を見たとき私の機械操作ミスかと思いましたよ;
でもちゃんとしてるし・・

患者さんに胸は痛くありませんかと聞くと
胸は痛くないが息苦しいと答えられ
そりゃそうだろうと思いつつ看護師に連絡。
するとどうでしょう目をむいて体が痙攣をおこしているではありませんか。
やっべーと思いドクターとストレッチャーを呼びました。
来るまでの間ずーっと声を掛け続け、ちょい落ち着いた頃にドクター到着。
すぐ酸素マスクつけてそのまま救急室へ。
そしてそのままカテ室行きで体外式PM挿入。
その後、Kが6.5とわかりまずは電解質異常から改善していく方針になりました。



この先は暗いです・・・。



次の日、経過観察ということで病棟へ心電図をとりに行きました。
容態はだいぶ安定し、レートも70と順調。
PMは外しても大丈夫というまで回復していました。

この日の夜、事態は急変。
この患者さんのことを話した人が当直だったので私に連絡が入りました。
詳しくは分かりませんが、お亡くなりになったそうです。

私があの時何かしていればという問題でははっきり言ってないでしょう。
でも。。。
でもなんか・・・

ショックですね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

ロゥタス

Author:ロゥタス
臨床検査技師として奮闘中
生理検査室勤務

好きなもの:音楽、蓮、化粧品、映画
嫌いなもの:蜘蛛
血液型:CDe/CDe 日本人no.1(笑)
星座:はかり
目標:プラス思考、更に資格取得
座右の銘:初心忘れるべからず

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。